高校生が合宿免許を利用する時の最適なタイミングと注意点

高校生が合宿免許を利用する場合、学生ならではの制約がいくつかあります。今回は、合宿で免許を取るメリットや注意点について説明します。

高校生が合宿免許を利用するための条件

高校生が合宿免許を利用する場合、いくつかの条件をクリアーしなくてはいけません。まず基本として挙げられるのが年齢です。日本では原付や普通二輪免許の取得は16歳から、自動車の運転免許は18歳からと法律で定められています。教習所では入学をする時点で年齢確認が行われるため、既定の年齢に達していなければ例え費用が用意できていても入学することはできません。

もう一つの条件が入学するタイミングです。合宿免許は教習所が管理する宿泊施設で生活をしながら授業を受けていく形となります。通学と違って合宿は事前に決められた時間割に従って進められていくため、当然学校に行くこともできません。教習所が設けている規定では学校を休んで合宿に参加することを禁止していませんが、後々トラブルになる可能性もあるので避けるのが無難です。合宿免許を利用する場合には春休みや夏休みのタイミングで参加することが望ましいと言えます。

合宿免許で取得をするメリット

通学免許ではなく合宿免許を利用して取得をする大きなメリットの一つが期間の短さです。通学免許の場合、教習を受けるためにその都度予約を取る必要があります。自分のペースで学べるというメリットはありますが、学校に通っている場合、平日は必然的に利用者が集中する夕方以降の予約となってしまうため、希望するタイミングで取れないケースも少なくありません。日中に通える週末も同様に仕事や学校が休みの人が多く足を運ぶので思うように車に乗れないのが実情です。通学で取得までに掛かる期間が平均数か月と言われるのはこれが理由になります。
合宿免許は、まとまった期間が必要だというデメリットもあるものの、予め一人ひとり個別の時間割が用意されていてそれに従っていく形となるので、スムーズに進めることが可能です。試験に落ちるようなトラブルが無ければ最短で2週間弱の短期間で取ることもできます。

卒業後の就職ですぐに対応ができる

高校生ならではのメリットの一つに対応力があります。社会には数多くの仕事がありますが、中には荷物の配送や人の送迎など車の運転をメインとする職業も少なくありません。これらの仕事は免許の所有が採用の条件となるケースも多くあります。社会人になると学生時代よりも時間に融通が利きづらく、合宿免許のために数週間休みを取るのは簡単ではありません。しばらくの間、家から離れて学ばなければならないということをデメリットに感じる人もいるかもしれませんが、高校生のうちに免許を取得しておけば、卒業後の就職先探しの選択肢が広くなります。

卒業旅行も一緒に楽しめる

合宿制度を設けている教習所は様々な場所に点在しています。中には人気の観光名所やレジャー施設が近くにある所も少なくありません。合宿免許は朝から晩まで車を運転したり勉強をさせられるわけではありません。授業の合間など空き時間も十分に確保されていて、これらの時間はプライベートとして自由に利用することができます。友人と一緒に参加をすれば自由時間に観光を楽しむことが可能です。合宿免許で支払う費用には宿泊や食費も含まれているので、卒業旅行を安く済ませることもできます。

友人と参加をすることで楽しく過ごせる

合宿免許は1日を通して自由時間の割合が多く、友人同士で参加をすることでプライベートの時間も楽しく過ごせます。

投稿日:
カテゴリー: 未分類