大学の長期休暇は合宿免許で普通免許を取得しよう!

大学の長期休暇は、自動車免許を取得するのにぴったりです。合宿免許を利用すれば、休み中での免許取得も夢ではありません。そこで、合宿免許とはいったいどんなものなのかをご紹介します。

合宿免許と一般的な自動車学校の違い

一般的な自動車学校も合宿免許も、免許取得までの大きな流れはほぼ同じです。入校手続きを行い、学科講習と実技講習を必要時間数受講し、免許取得のために試験をそれぞれ行います。卒業試験に合格後、運転免許センターで本免許学科試験と適性検査をクリアすれば運転免許証が取得できます。

大きく違うのは自動車学校を卒業するまでに掛かる期間と費用です。一般的な自動車学校では日中と夜間の決められた時間内で実技教習や学科教習を学んで行くので、1日のうちに受けられる授業数が限られます。一方合宿免許では、1日を通して実技教習や学科教習を受けることが出来るので、効率よく卒業までのカリキュラムをこなせるので短期間での卒業が可能となります。費用面でも合宿免許は比較的お得に利用できるプランがあります。

合宿免許はどの地域を選べば良い?

日本全国、様々な場所で合宿免許が行われています。どこを選んでも大丈夫なので、いろいろな合宿免許を見比べてみると良いでしょう。学生割引や女性限定プランなど、それぞれの会場によって様々な工夫がされています。気になる合宿所があれば、問い合わせをしてみるとよいでしょう。

例えば、最寄りの合宿免許であれば気候や地理がわかっているので安心感があります。距離が近ければ合宿所までの移動も楽に行えます。逆に、旅行気分でちょっと離れた地域の合宿免許に参加するのも選び方の一つです。合宿免許プランの中には近隣の観光や自由時間が設定されているものもあります。

合宿免許に関する疑問や不安

一人で参加するのは不安という声も少なくありません。様々な年代の人が参加できる合宿免許ですが、期間によっては似たような年代の人が集まります。食事や休憩の合間に声を掛け合い、新しくいろいろな地域の方と友達になることもできます。一方で、勉強をするための合宿なので、一人の方が気を使わなくて良いという声もあります。

運転免許を取得することで得られるメリット

自動車を所有しない人も増えていますが、運転免許を取得しておいて損をすることはありません。自動車を所有していなくても、旅行や出先でレンタカーを利用できるなどのメリットがあります。また、運転免許は国家資格です。保険証よりも信用度が高く、持っていれば身分証として提示を求められることが度々あります。

取得後は数年に一度の更新があるので注意が必要です。更新をしなかった場合、記載されている期限を過ぎると運転免許証は失効してしまいます。

大学の時に運転免許証を取得していれば、就職の時に選べる職種の幅が広がります。運転免許を取得していることを応募条件にしている場合もあります。社会に出てからでも免許の取得は可能ですが、大学の時に取っておいた方が時間的にも料金的にも負担が軽くて済みます。合宿免許なら短期間・低価格での免許取得も夢ではありません。学割やお得なプランを上手に利用して、効率よく運転免許を取得しておきましょう。

運転免許は大学のうちに取得しておこう!

運転免許は比較的時間に自由がきく大学のうちに取得しておくのが良いでしょう。合宿免許なら短期間で免許を取得できるので、長期休暇などを利用して運転免許を取得しましょう。

投稿日:
カテゴリー: 未分類